HOME > 書籍 > 祥伝社の書籍 > 紅と蒼の恐怖




ホラー・アンソロジー 書下ろし
紅と蒼の恐怖
アカトアオノキョウフ
著者名 菊地秀行・倉阪鬼一郎・牧野 修・小川勝己・五十嵐貴久・柴田よしき・北川歩実・森 青花・黒武 洋
在庫なし

※在庫について
ISBNコード 4396207476
判型/頁 新書判/264頁
定価 本体: 838円+税
発売日 2002/08/29

オール書き下ろし
スプラッター&サイコ
9人のストーリー・テラーが挑む

快楽のために殺人者は四肢を切断し解体する。激痛が襲い止めどなく鮮血は迸(ほとばし)りでる……。肉を穿(うが)たれ体を刻まれる紅い恐怖―スプラッター。隠されていた残酷なもう一人の人格が静かに目を覚ますとき、周囲を戦慄させる惨劇が起こる。蝕(むしば)まれた精神、壊れた心がもたらす蒼い恐怖―サイコ。ふたつの恐怖こそは現実に体験しうる最悪の恐怖である。そして、それは日常生活のどこにでも存在する……。今注目の作家9人が挑む“極限の恐怖”! 豪華オール書下ろしアンソロジー!

本書の収録作品
柴田よしき「毒殺」―水道水に毒が!?おんなの疑惑は日増しに募っていき…
北川歩実「心の眼鏡」―騙されてばかりの男が嘘を見抜く機械を手に入れた
黒武 洋「UM」―額に3番目の眼!?イジメられっ子はその日から変わった
森 青花「砲丸のひと」―生真面目な夫が始めた奇妙な趣味とは?
牧野 修「ドキュメント・ロード」―AV撮影現場で遭遇した怪異
小川 勝己「蘆薈」―永遠の無垢のままに。少女の変貌に男が取った行動は
五十嵐 貴久「嗜虐」―淑女を演じ続けてきた美貌の女の正体とは… 倉阪 鬼一郎「分析不能」―連続殺人犯を推理する精神科医に忍び寄る魔手
菊地 秀行「蝕む影」出世の道を捨ててまで男が一族を斬殺した理由とは?