HOME > 書籍 > 祥伝社の書籍 > まほろ市の殺人・冬




蜃気楼に手を振る
まほろ市の殺人・冬
マホロシノサツジンフユ
著者名 有栖川有栖

在庫あり

※在庫について
ISBNコード 4396330499
判型/頁 文庫判/152頁
定価 本体: 381円+税
発売日 2002/06/10

「真幌(まほろ)はどうかしている」冬になると、真幌の海に蜃気楼(しんきろう)が現われる。満彦(みつひこ)は五歳の頃、美しかった母に連れられて初めて兄弟たちとそれを見た。蜃気楼に手を振ったら幻の町に連れて行かれる。だから手を振ってはいけない、と母に言われた。直後、こっそり手を振った長兄が事故死し、二十五年後の今、三千万円という金が残された兄弟の運命を翻弄(ほんろう)する!